腫瘍マーカー 検査方法とは 費用 数値

日帰り人間ドックの当日結果説明について

スポンサーリンク

 人間ドックで当日行った検査のうち、いくつかの結果を当日のうちに医師から説明してくれるようです。
 当日説明してくれる項目は以下のとおりです。
〇身体測定:身長・体重・標準体重・肥満度・BMI→これは説明されたかなぁ・・・・
〇脂質:総コレステロール・中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール→これも説明されたかなぁ・・・・・
〇糖代謝:HbA1c・空腹時血糖・尿糖→これも説明されたかなぁ。
〇血球検査:赤血球数・血色素・白血球数・ヘマトクリット・血小板数・MCV・MCH・MCHC・血液像→私は赤血球数が基準値より多いけど、気にしなくていいそうです。
〇肝臓・胆のう:AST(GOT)・ALT(GPT)・ALP・r−GT(r−GTP)、LD(LDH)
〇腎臓:クレアチニン・尿蛋白・尿潜血・尿比重・尿PH
〇すい臓:アミラーゼ

スポンサーリンク

〇尿:検尿(沈査)※当日提出された方のみ
 ってなってましたが、私は胃カメラの結果とピロリ菌の血液検査でどうやらピロリ菌が存在するといわれましたので、再検査をすることになってしまいました。
 他の「日帰り人間ドック」に含まれる健康診断項目は「健診結果報告書」にての報告になるようです。
■腹囲(35歳以上の方)、■聴力・視力・眼底・眼圧、■胸部X線検査、■呼吸機能検査、■心電図、心拍、■胃部X線検査・便潜血(2日法)、■腹部超音波検査、■総ビリルビン、総蛋白、アルブミン、HBs抗原、ZTT,血液型(初回のみ)、CRP、梅毒反応(RPR)
※健康保険組合様との契約により検診項目が異なる場合があります
※胃X線検査を胃内視鏡検査に変更されている場合もあります

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

人間ドックを初めて受診体験談
腫瘍マーカー検査方法とは!?費用・数値などあれこれ
胃内視鏡検査の別紙
腫瘍マーカー検査方法とは!?費用・数値などあれこれ
がん検診も大切
腫瘍マーカー検査方法とは!?費用・数値などあれこれ