腫瘍マーカー 検査方法とは 費用 数値

大腸がん 大腸癌 胆嚢 胆管癌 腫瘍マーカー 数値 乳がん腫瘍マーカーとは記事一覧

近年、日本人の大腸がんの患者数が増加しています。以前は胃がんや肺がんの患者数が多かったのですが、食事の欧米化などが原因で、現在は日本人のがん患者数の1位となっています。また、患者数の増加のもうひとつの原因が、自覚症状の乏しさにあります。代表的な症状としてはおなかの張りや下痢、血便などが挙げられるのですが、これらの症状は痔でも見られるため、あまり気にせずに日常生活を続ける方が多くいます。このため、違...

胆管癌とは胆管にできる癌のことで、同じ胆管でも、肝臓内部や外部など場所によって名称が違い、全てを総称して胆管癌と言います。胆管癌の初期症状としては、倦怠感や食欲不振、腹痛や黄疸などがありますが、初期段階では黄疸が見られないことも多く、体調不良と自己判断をしてしまい、早期発見が難しい病気の一つです。治療の際に重要となるのは、手術が可能か否かです。そのため、まずは徹底的に検査を行い、現在の進行具合や転...

 みなさんは腫瘍マーカーというものをご存じでしょうか。腫瘍マーカーとは、癌細胞から特に多く作り出されるたんぱく質や酵素の事を指し、癌の有無や進行状況などを知る為の指標として使われます。癌があるからと言って必ず数値が上昇するとも言い切れませんし、正常な細胞からも多少は作り出される事もあるので、高値だからと言って癌であるとも言い切れませんが、病状を調べるための検査としては有効であると言えます。ここでは...