腫瘍マーカー 検査方法とは 費用 数値

ca15-3 正常値 ca15-3 上昇記事一覧

ca15-3腫瘍マーカ検査とは、がんの中でも乳がんの腫瘍マーカー(がん血液検査)のひとつとなります。ca15-3は、乳腺のがんに対して特に反応するという特異的な性質を有しています。ゆえに、ca15-3は、乳がん再発の目安ともなります。その数値の正常値については、25U/ml以下が正常値となります。 ca15-3は、初期の乳がんに対しては反応を示さないのですが、転移性乳がんの反応率が高く、手術後の経...

 腫瘍マーカーのca15-3は乳癌などに特異性があります。乳癌の腫瘍マーカーとして利用されてスクリーニング検査に良く用いられています。初期の乳癌ではほとんど陽性を示しません。進行癌や転移性乳癌には基準値が上昇し陽性率が高く、手術後の経過観察時においては大変有用な腫瘍マーカーとして用いられています。乳癌以外の癌に対しては反応しずらい特異的な性質を持っています。癌の再発の目安とされてもいます。注意とし...