腫瘍マーカー 検査方法とは 費用 数値

シフラ記事一覧

 近年、肺ガンは日本人のガンによる死亡原因のトップとなりましたが、まだ増加する傾向にあります。そして、肺ガンの検査等ではCEA、CSS、NSE、シフラ、ProGRP、SLXなどの腫瘍マーカーが臨床の場で用いられています。腫瘍マーカーといえばガンの特異性が低く、さらに早期ガンなどでは数値に異常がでにくいケースもありますが、化学療法などの治療効果の判定時に有効となりよく利用されています。肺ガンは大きく...