腫瘍マーカー 検査方法とは 費用 数値

AFP afp 腫瘍マーカー 基準値記事一覧

 afpとは、胎児の頃に体内で作られるタンパク質の一種で、αフェトプロテインとも呼ばれます。この物質は、生後一年ほどで体内からほとんどなくなり、成人では産生されないものですので、成人してから測定しても極低濃度しか検出されません。しかし、肝臓がんになると肝細胞からこのafpが産生されて血中濃度が上がるため、肝臓がんの腫瘍マーカーとして測定されます。基準値は10ng/ml以下です。afpが200〜40...