胆管癌 腫瘍マーカー

胆管癌で用いられる腫瘍マーカーの種類と詳細

スポンサーリンク

胆管癌とは胆管にできる癌のことで、同じ胆管でも、肝臓内部や外部など場所によって名称が違い、全てを総称して胆管癌と言います。
胆管癌の初期症状としては、倦怠感や食欲不振、腹痛や黄疸などがありますが、初期段階では黄疸が見られないことも多く、体調不良と自己判断をしてしまい、早期発見が難しい病気の一つです。
治療の際に重要となるのは、手術が可能か否かです。
そのため、まずは徹底的に検査を行い、現在の進行具合や転移、他の疾患の検査も行います。
代表的な検査としては、CTやエコー、MRIや内視鏡検査があり、ここで腫瘍マーカーも用いられる場合があります。
ここで大きな数値が出た場合、転移の可能性は高まりますが、手術ができないわけではなく、癌を取り除くことができれば数値は下がります。
数値を気にするのは治療前では無く、むしろ治療後で、経過観察の段階で再び数値の上昇が確認された場合は再発の可能性もあるので、再び検査を受ける必要があります。

スポンサーリンク

血液中のたんぱく質や酵素を測定することによって、癌を発見する新しい検査方法として注目されている腫瘍マーカーですが、現段階では発見用としてはあまり利用されていません。
理由としては、偽陽性を示す可能性があることや、初期の癌では反応が出ない可能性があること、癌の場所までは特定できないことなどが挙げられ、現在は補助的に利用されています。
胆管癌の腫瘍マーカーとしては、CEAやCA19-9などが用いられます。
CEAは、胃癌や大腸癌、乳癌や肺癌の検査にも用いられており、現在最も一般的な腫瘍マーカーです。
一方、CA19-9は、進行性の癌に強く反応する偽陽性の少ない腫瘍マーカーで、消化器系の癌の発見にも活用されています。
また、胆管癌やすい臓癌に特に大きな数値を示すため、これらの検査で特に重視されています。
以上が胆管癌の腫瘍マーカーの詳細で、現在は補助的役割で利用されていますが、登場してからの歴史が浅いため、今後に期待できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

大腸がんと診断された際に注視する大腸癌腫瘍マーカーの数値と時期
腫瘍マーカー検査方法とは!?費用・数値などあれこれ
胆嚢の癌判定に用いられる腫瘍マーカーとは
腫瘍マーカー検査方法とは!?費用・数値などあれこれ