腫瘍マーカー 数値 肺がん

肺がんの腫瘍マーカーと数値

スポンサーリンク

 肺がんの発見に使用される腫瘍マーカーで主にCEAというマーカーがあります。
しかし、CEAは肺癌以外の転移がんや消化器系のお他の進行がんでも数値があがることがあります。
主として知られる腫瘍マーカーのCEA意外にSCC、NSE、CYFRA21-1、ProGRP、SLXなどがあり、癌の性質により異なる数値として現れます。
胃がんや大腸がんでもCEAは用いられますが主に腺がんで高くなる数値です。
SCCやCYFRA21-1は扁平上皮がんで数値が上がり、小細胞がんではNSC、ProGRPの数値が上がります。
肺がんの検査では血液検査により、腫瘍マーカーの数値により血液中にがん細胞がどの程度含まれているかを測定します。
がん細胞は血液中にがん細胞を作り出すたんぱく質や酵素を含むため、それを調べる検査として腫瘍マーカーを調べるのです。
腫瘍マーカーが高ければ、がんの疑いが強く、低くても初期段階であるか、がんとは無関係かを確認するためにCTなどの検査で診断を確定します。

スポンサーリンク

肺がんの検査目的はステージやタイプによって異なり、まずは血液検査を受け、がんの疑いが高い場合、進行度や現在の状態を把握するために的確な診断結果を知るための確定診断のための検査、確定診断後に治療方針を決定する検査があります。
肺がんは近年、その患者数を増加させ、喫煙がもっとも大きな原因でありながら、大気汚染や受動喫煙、アスベスト吸引などもあり、必ずしも喫煙歴があることが肺がんとなるとは限りません。
近年、東洋人女性に多くみられる非小細胞肺がんの患者に喫煙歴を聞くと、喫煙率が非常に低いことがデータとして出ています。
がんを発見した後、放射線や化学療法による治療をすることがありますが、とくに化学療法の場合、どの薬物が患者に対して適しているかを調べるために、あらゆる検査をします。
とくに進行がんの場合、手術や放射線治療が出来ない状態で、分子標的薬を使用する場合があり、遺伝子検査によりがんのみをターゲットとした薬物治療が行われ、生存率を劇的に上げています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加