胃がんは腫瘍マーカーの数値で進行具合などが概ね判断できます

スポンサーリンク

がんの中でも胃がんは日本人が罹患する確率が高いですが、初期症状を感じることがあまりないので注意が必要です。
まれに吐き気や胃もたれを感じる人もいますが、他の胃腸の病気である可能性もあります。
症状が進行すると吐血や黒い色をした便が出るなど、明らかに普段とは異なる症状が現れます。
しかし症状が進行していると他の部位にもがんが転移している可能性があり、治療もその分困難になってしまいます。
そのため明らかな症状を感じる前に、病院で検査を受けて早期発見することが大切です。
普段から胃腸が弱い人はもちろん、そうでない人も定期的に検査を受けて医師から診断を受けることが早期発見には必要です。
どんな種類のがんでも早期発見することができれば、治療も困難ではなくなり多くの人が完治を目指すことも可能です。
胃がんも早期発見できれば完治を目指せる病気なので、面倒だと思わずに定期的に検査を受けて健康状態を把握することが大切です。
胃がんの検査には胸部X線検査や、内視鏡検査が行なわれることが多いです。

スポンサーリンク

がんの種類によってそのがんに特徴的な腫瘍マーカーという物質が、血液中に産生される場合があります。
腫瘍マーカーの数値によってがんに罹患しているかどうかということや、進行具合などをおおよその範囲でチェックすることができます。
胃がんも腫瘍マーカーの数値によって、おおよその進行具合などを調べることが可能です。
さらに手術後も腫瘍マーカーの数値を測ることで、再発の兆候が見られるかどうか調べることができます。
抗がん剤や放射線治療の効果も判断することができ、血液を採取するだけと検査方法も簡単なので多くの病院で腫瘍マーカーの数値を計測することが行なわれています。
しかしそれだけでは不確実なことも多く、何らかの理由によって腫瘍マーカーの数値が上昇してしまうこともまれにあります。
それとは反対にがんに罹患していても数値が低い場合もあるため、画像検査も並行して行う必要があります。
両方の検査結果を基に、医師は病状の診断や治療方法を提案していくことになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加