腎臓癌 の腫瘍マーカーの意味

スポンサーリンク

人間が水分を口から取り体内に吸収し血液や体内に補給されます。
不要になった水分は体内に溜まった老廃物という以前から体に蓄積されていた物質と共に尿として排泄される機能を持つ部位が腎臓なのです。
腎臓は左右の腰の辺りに一つずつあります。
この部分に突然変異で出来た細胞が悪性化し周りの組織に浸透しながら細胞を増やしているのが癌と言われるものです。
癌は正常な細胞を取り込むと大きく成長していきます。
異常な細胞が増えていくと体内では体を守ろうとする白血球などが増えていきます。
腎臓に増えた癌になった細胞が体内にどれくらいの割合で存在しているのか示す血液検査項目が腫瘍マーカーというのです。
腫瘍マーカーは正常値が体の部位に出来た癌により変わります。
腫瘍マーカーは血液検査で直ぐに発見出来るので早期発見として重要な役割を担っているのです。
腎臓は多くの細胞で出来ているのです。
腫瘍マーカーが高いと本来の機能が上手く働かない為に尿を出せなくなるなどの症状が起きやすくなるのです。

スポンサーリンク

腎臓に出来た癌がどれくらい進行しているのかは腫瘍マーカーの数字で把握します。
また腎臓の機能に影響がある場合の症状は浮腫み、尿閉、高血圧などが有名です。
手術により取り除く外科治療と化学療法でもある薬で腫瘍になっている癌を小さくしていく温存療法という治療方法があります。
治療の成果を腫瘍マーカーで定期的に確認していくことが出来るのです。
正常値になり5年間は定期的に精密検査が必要になります。
5年を過ぎて徐々に体調に変化の無い場合は定期検査の期間を長くしながら様子をみていくことになるのです。
臓器が二つあることから手術で取り除いても細胞が新しく生まれ変わる事が出来る移植という方法もあるのです。
症状が自覚しやすく早期発見しやすい部位です。
体内から老廃物を上手く排出出来ない状態が長期化していた時は肌の色に変化が起きます。
この時点で正常値検査する場合が多いのです。
尿の出が悪いと女性では膀胱炎になりやすくなります。
サイン見逃さない為に必要な臓器と検査項目名なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加