腫瘍マーカーscc抗原の数値上昇から考えられる疾患

スポンサーリンク

腫瘍マーカーとは、体内に腫瘍ができた時に増加する物質の事を言います。
血液検査で、この物質の種類や量を調べる事によって、腫瘍の場所や進行具合を知る事ができます。
早期の癌では数値は上がらず、進行するにつれて体内での物質量が増え、上昇します。
癌とは、悪性腫瘍の事を言います。
癌ではない良性腫瘍、慢性肝障害、腎障害、喫煙、高血糖等でも腫瘍マーカーが上昇する事があります。
腫瘍マーカーの特徴として、初期の癌では上昇せず、癌でない事にも反応して増加するので、検査の必要性をよく考えて行う事が重要です。
癌の可能性が無いのに、健康診断目的で検査し、増加がみられた場合には、患者様への全身の追加検査や、不安からの様々な負担が生じます。
癌の診断は、通常腫瘍マーカー以外の血液検査、画像検査、生検、身体所見等を総合して医師が行います。
癌の診断がされた後に、治療効果の判定や、再発の発見に用いるのが最適です。
腫瘍マーカーの数値だけでは癌とは言えず、参考情報と考えます。

スポンサーリンク

腫瘍マーカーの種類は数十種類あり、それぞれに臓器特異性があり、単独や何種類かを組み合わせて検査をし、腫瘍の場所を特定します。
体内には、扁平上皮という組織が様々な場所にあり、扁平上皮癌に特異的なマーカーをscc抗原と言います。
扁平上皮癌は、子宮頸部、肺、食道、頭頸部、膀胱、膣、肛門、皮膚等で発生します。
scc抗原は特定の癌に特異的に上昇するマーカーではなく、様々な癌で上昇します。
癌以外では、乾癬、アトピー性器皮膚炎等の皮膚疾患、肺炎、気管支炎、気管支喘息、結核等の呼吸器疾患、腎不全や腎透析でも上昇します。
scc抗原は、早期癌では上昇せず、早期の発見はできません。
また良性疾患では血中濃度の変動が少なく、癌の場合は血中濃度が持続的に上昇する事が多いです。
その様な数値になると、精査の為にレントゲン検査、内視鏡検査、PET検査、婦人科等専門医の診察を受ける必要があります。
精査をしても、癌が特定できないこともあり、癌以外の原因で上昇している可能性を考えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加