腫瘍マーカー cea正常値

腫瘍マーカー検査でcea正常値を超えているのですが

スポンサーリンク

 腫瘍マーカーというのは、血液検査の一種です。
およそ13の項目に分析され、そのうちの一種がcea数値で表示されます。
cea正常値は5.0ng/ml以下です。
大腸、肺または卵巣、乳がんに反応し陽性とでます。
肝炎や糖尿病、良性のガンにも低めの値ですが陽性とでます。
肝障害、腎障害などがん以外の妖精のことを偽陽性といいます。
腫瘍マーカーが用いられるのは、おもに良性か悪性化を判断する時や、再発の恐れがあり再発していないかどうかを調べる時、または抗がん剤治療中で、効果があるかどうかなどを知りたい場合に多く使用されます。
敏感に数値が変動するため、偽陰性のこともあります。
つまり、がんであってもそうでない数値が表示されてしまい、見逃してしまうのです。
ですから、ほかの検査の補助的な役割で腫瘍マーカー検査をします。
どの部位のがんであるかを知るためにとか、療養中の節制した体においての、継続した検査結果が重要になってくるのです。

スポンサーリンク

がん細胞というのは、特異的なたんぱく質をもっていると考えられています。
腫瘍マーカーは、特異的なたんぱく質に反応し,cea正常値を超えます。
しかし、早期発見を目的に検査した場合は、がんでなくても高い数値を表示してしまうために適正ではありません。
補助的な検査としてや、手術後の経過観察に用いられています。
加齢でも数値は上りますし、長期の喫煙者は、cea正常値の2倍にも跳ね上がることがあるそうです。
偽陰性や疑陽性と、体の変調に敏感なので早期発見にはつながらないことが多いようです。
健康診断時に、オプション的に腫瘍マーカーを進められることもあるのだそうですが、その結果にダメージを受け再検査にいらっしゃる方も多くいます。
幾つかの検査をして大丈夫ですよと説明を重ねても、最初の結果を疑うことなく、立ち直るのに相当に厄介な患者さん(病気ではないので検査にいらっしゃる方)の対応におわれていることもあるようです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

腫瘍マーカーの一つであるCEAの正常値と異常値について
腫瘍マーカー検査方法とは!?費用・数値などあれこれ
腫瘍マーカーCEAの基準値と数値の変動について
腫瘍マーカー検査方法とは!?費用・数値などあれこれ
腫瘍マーカーceaと喫煙の関係について
腫瘍マーカー検査方法とは!?費用・数値などあれこれ