腫瘍マーカー 覚え方

ガンチェックの診断腫瘍マーカーの覚え方

スポンサーリンク

 ガンの診断方法は近年目覚しい進歩を遂げています。
手遅れになるのは転移してからガンに気づくというパターンなので早めに気づくことが大事です。
早期発見した場合は割りと簡単に治ってしまうといえます。
早期発見の方法は定期的に腫瘍マーカーを使った診断を行うのが一番効率のいいやり方です。
この腫瘍マーカーの覚え方はややこしく、ともすると面倒に感じてしまいますが大事なことなのでしっかりと確実に覚えていきましょう。
腫瘍マーカーの数値はあくまで目安であり、そこまでナーバスになるようなものではありません。
基準としては医者に再検査が必要といわれたときくらいです。
基準値を下回っていると大丈夫であり、上回っている場合は危険信号と覚えれば間違いではありません。
しかし、この数値は変動するものでありけっして基準を上回ったらもうおしまいというわけではないのです。
危険信号の覚え方はやはり医者の再検査を基準に考えるようにして気にし過ぎないようにしましょう。

スポンサーリンク

覚え方としては基準値を上回っているかというのが基準といえますが、特に気にする項目はCEAといえます。
CEAが大きいというのが一番多い腫瘍マーカーの検査での悩みであり、相談されやすい項目です。
最も多いガンである大腸ガンがこの項目であり、気にする人はどこまでも気にしてしまう項目でもあります。
ただ、やはり医者に注意されない限りはあまり数値にとらわれないようにしたほうがいいでしょう。
あまりにも気にしすぎて腸炎を引き起こし、それをガンだと騒ぐことが多いのです。
ガンの早期発見は確かに大事ですが、あまり気にしすぎてもいけません。
腫瘍マーカーの覚え方は基準値を上回るかどうかではありますが、そのことで医者に心配は要らないといわれたらそれを信じましょう。
誤診は病院の信用にも関わるので適当な診断はされません。
マーカーは反応があれば医者にはすぐにわかるようになっています。
素人はあまり口を出さずに医者の言うことをしっかりと聞き、健やかに暮らしていきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

腫瘍マーカーをゴロで覚えよう
腫瘍マーカー検査方法とは!?費用・数値などあれこれ