腫瘍マーカー検査を受ける時の値段はどのくらいでしょうか

スポンサーリンク

健康診断や、人間ドックを受ける時に、オプション的に腫瘍マーカー検査を提案してくる機関が多いということですが、どのくらいの値段の違いがでてくるのでしょうか。
保険が適用されるかどうかによって10倍の差額が発生します。
一般的な健診とは異なり、人間ドックでは保険が使えず実費となります。
マーカーの種類にもよりますが、保険を適用し3割負担の場合で、240円から1380円ほどの費用で腫瘍マーカー検査を受けることができます。
腫瘍マーカー検査は、がん細胞からでる特殊なたんぱく質を血液検査中に発見することができます。
しかし、がんが原因ではなく数値が高くなる要素も多く、早期発見には結びにくいので、数値を見てすぐにがんだと思いこむことは、非常に危険です。
値段が手ごろで、がんが発見できると検査を申し込みがちですが、疑陽性、偽陰性といわれる結果が、多くでることを知っておいていただきたいのです。
腫瘍マーカーは、他の検査の補助的な役割をするのです。

スポンサーリンク

補助的役割というのは、十数種類に及ぶ血液検査の項目から、罹患している部位を判断することができるということです。
また、再発の可能性のある患者さんが数値が上がってきたりとか、抗がん剤を投与中の患者さんの数値を見て、効き目を確かめたりするときに腫瘍マーカー検査は、重要視されるのです。
病床にいて節制した生活を送っている方の数値でないとあまり、信憑性がないようです。
肝機能や腎障害のある方等、がん以外でも陽性の結果が出ることがあり、これを疑陽性といいます。
加齢や長期の喫煙者も陽性になることがあります。
反対に、実際に早期のガンでありながら、数値にでてこない偽陰性といわれる結果もあります。
ですから、手ごろな値段だから検査しておこうと試みたところで、その結果をがんであるかのように、信じ込むことはないのです。
医師の判断とは関係なく検査を受けた結果、再検査に通うことになり、いくつかの他の検査結果が健康であることを証明してくれているのであれば、いやそんなはずはないなどと悩みこむことはありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加