腫瘍マーカーの上昇と原因について

スポンサーリンク

体内に腫瘍ができると、血液中に、健康な時にはほとんど見られない特殊な物質が、大量に作られます。
この物質を腫瘍マーカーといいます。
腫瘍には良性と悪性があり、悪性腫瘍が癌です。
癌細胞が増えるほど、血液中の腫瘍マーカーの値が上昇する原因となるので、癌の進行状態や治療の経過などをみるために、利用される検査です。
この検査は、主に血液採取によって行われますが、種類によっては、尿などで調べるものもあります。
腫瘍マーカー検査は、消化器官の癌にCEA、前立腺癌にPSA、卵巣癌にCA125というように、多くの種類があります。
その中には、ある特定の癌に反応するものと、いくつかの癌に反応するものがあります。
例えば、TPAは原発部位に関係なく、ほとんど全ての癌で、高値を示します。
CEAは、胃癌や大腸癌の検査としてよく知られていますが、肝臓癌、胆道癌にも用いられます。
そのため、検査は、通常は1種類だけではなく、何種類かを組み合わせて行います。

スポンサーリンク

多くの腫瘍マーカーは、健康な人であっても体内に存在するので、単独で癌の存在を診断できるものは、PSAなど少数であるといわれています。
そのため、癌の確定は、血液検査、超音波検査、X線やCT、血液造影などの画像診断、生検などを組み合わせて、総合的に診断されます。
腫瘍マーカー値は、癌以外の病気が原因でも上昇することがあります。
良性の腫瘍や呼吸器疾患、子宮内膜症、慢性肝炎、糖尿病などの病気でも、数値が上昇することがあります。
また、喫煙などの生活習慣も、数値が上昇する原因となります。
逆に、癌が存在するにもかかわらず、陰性の結果が出ることもあります。
それは、早期癌では、ほとんどの腫瘍マーカーの数値が上昇しないからです。
そのため、この検査は、癌の早期診断というよりは、進行した癌に対して、化学療法や放射線療法の効果を判断する目的に使われます。
また、数値が高い癌に対して、手術による切除が行なわれた後には、多くの場合、数値は低下し改善されますが、再発に伴い、再度、数値が上昇するので、術後の経過観察目的で使われることもあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加