ca125腫瘍マーカーと検査結果の読み方について

スポンサーリンク

 ca125腫瘍マーカーは婦人科領域のがんの判断材料として多く用いられる検査です。
卵巣がんや子宮がんに特に高い陽性率を示すマーカーで、読み方は「シー・エー・1・2・5」と日本語で発音します。
腫瘍マーカーの結果を理解するには検査結果の正しい読み方を知ることが大切です。
腫瘍マーカーは腫瘍の有無を判断する検査のひとつです。
人は生きるために体内で細胞分裂を繰り返して常に新しい細胞を作り出しています。
細胞分裂の過程で突如として細胞が変異を起こし「しこり」となったものが腫瘍です。
悪性の腫瘍はがんと呼ばれ、体内で増殖や転移を繰り返すなど人体に悪い影響を及ぼします。
そのため早期に治療に入ることが重要です。
腫瘍が体内にできると血液中には特殊な物質が大量に現れます。
ca125腫瘍マーカーは体内にがんができると卵巣上皮から大量に発生されるムチン性抗原の「ca125」という糖タンパクに反応する試薬を用いた検査です。
卵巣がんになると陽性率が80%と高くなりますが他のがんでも高値になります。

スポンサーリンク

ca125腫瘍マーカーは女性ホルモンの影響を非常に受けやすい検査です。
検査結果の読み方ですが、ca125腫瘍マーカーの基準値は35.0U/ml以下です。
数値が上昇すると、婦人科領域のがんの他に消化器領域のがんの可能性もあります。
男性よりも女性のほうが高値を示しやすく、妊娠初期や月経時、閉経前は基準値を超えることがあります。
まれに、妊娠中は高値を示すことがあるので検査をする時期には注意が必要です。
また、子宮筋腫などの良性の腫瘍の場合も35〜100U/mlの値を示すことがあります。
100U/mlの高値になると悪性腫瘍が疑われます。
他の腫瘍マーカーと違い、ca125腫瘍マーカーは早期のがんにも数値が上昇しやすい傾向があります。
そのため、「がんの早期発見」「がん治療後の経過観察(再発予防)」「がん治療の効果の確認」が期待できる検査です。
腫瘍と診断するには超音波検査、CT、MRIなど他の検査の併用が必要になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加