腫瘍マーカーの数値が上がる病気ってなに

スポンサーリンク

腫瘍マーカーは、体内にできた悪性腫瘍から作られる特殊な物質で、血液から検出されます。
健康体ではほとんど見られないか極微量の物質のため、腫瘍マーカーが基準値より高く検出されると体内にのどこかにガンができている可能性があります。
腫瘍マーカーにはたくさんの種類があり、種類によっては臓器に特異性があります。
臓器に特異性がある種類の数値が上昇している場合は、どこの臓器が病気なのかある程度予測を立てることができます。
しかし、腫瘍マーカーはガンなら必ず数値が上がる訳でなく、ガン以外で数値が上がる場合もありますし、早期ガンでは数値が上がっておらず正常値のことがありますし、CEAという腫瘍マーカーを例にとると、喫煙者は病気がなくても数値が正常より高くなる傾向があります。
陰性だからガンがない、陽性だからガンがある、とは言い切れないのです。
(前立腺ガンのマーカーであるPSAのように、単独でガンといえるものも少数はありますが)このような特性があるので、これだけでガンの確定診断には用いられません。

スポンサーリンク

腫瘍マーカーはガンのスクリーニング検査として用いられ、あるマーカーの値が正常値より高値になった場合、他のマーカーをチェックしながら、CTやMRI、血管造影などで全身を検査しガンができていないか確認します。
また、ガンの治療経過を見たり、再発をチェックすることにも用いられます。
進行ガンでは、腫瘍が大きくなると数値がどんどん上がっていく傾向があるので、抗がん剤の治療効果を判定したり、治療を終えた後に病気が再発してきないかがわかります。
マーカーの種類はたくさんあり、主なものとして、CEAは胃ガン、肺ガン、大腸ガン、卵巣ガン、子宮ガンなど、AFPは肝細胞ガン、CA19-9は膵臓ガン、胆道ガン、胃ガン、大腸ガン、卵巣ガン、子宮体ガンなどです。
健診でたまたま血液検査をして基準値より少し高かったとしても即座にガンであると決めつけず、他の検査も受けて、ガンによる上昇なのかどうかきちんと確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加