乳がん腫瘍マーカーとは

乳がん腫瘍マーカーとは何か

スポンサーリンク

乳がん腫瘍マーカーとは、乳がんの早期発見のためのスクリーニングや進行状況、再発の発見、治療効果の判定に用いられています。
とは言っても、乳がん腫瘍マーカーとは早期治療のために有効なものではなく、術後の経過観察において再発のモニタリングとして使われます。
中でも特にCEAとCA15-3の組み合わせで多くの測定がなされています。
乳がんに多い骨転移に関しては、骨破壊マーカーである1CTPが用いられています。
また、骨転移の発見には、従来のアルカリフォスファーゼに代わって骨型アルカリフォスファーゼ(BAP)が骨転移マーカーとして注目を集めています。
そんな乳がん腫瘍マーカーとは、メリットとして画像診断による再発確認よりも数ヶ月早く高値が出ることが挙げられます。
ただし、乳がん腫瘍マーカーを用いる場合にはいくつかの注意点があります。
まずは、腫瘍マーカーには偽陽性があることです。
陽性の判断は一回の測定値で決められるものではなく、持続的な上昇をもって「異常」と判断しなければならないのです。

スポンサーリンク

他にも、マーカーの代表的成分とされているものも、決して乳がんに特化したものではないので、ある程度進行してからでないと、高い値を示すことがないのです。
そればかりか、進行しても陽性にならない可能性もあります。
ですから、このような状況の時には、他の臓器でのガンも疑うと良いでしょう。
このような腫瘍マーカーというものは、元来、正常な細胞からも多少は作られるのですが、多くを占めるのは癌化した細胞から作りだされるたんぱく質や酵素です。
腫瘍マーカーはそれが正常な細胞から出ているのか、癌細胞から出ているのかを判断し、進行状況を示す指標にしなければならないのです。
検査自体は血液を採取するだけなので簡単です。
乳がんでは、早期発見のためではなく、手術後に取り残しはないか、抗がん剤や放射線治療の効果はあるのか、再発の兆しが見えないか、など術後の経過観察に用いると有効です。
また、腫瘍マーカーは多くの臓器で作られているため、癌が出来ている臓器を見分けるのが難しいとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加